天然保湿因子の流し過ぎに注意?

天然保湿因子の流し過ぎに注意?

天然保湿因子

クレンジングでも肌の潤いに必要なNMFを落とし過ぎるとアミノ酸などで構成されている肌の成分の角質層の水分を保持する能力が低下するのでセラミド不足になりやすくインナードライに繋がりやすいです。

 

またオイルクレンジングではべたべたしやすく、また特に毛穴にコメドなのが溜まりやすいのでニキビに繋がりやすいんですよね。

 

ノンコメドジェニックテストに合格してあるので、ニキビが出来やすい人にもクレンジングが毛穴に詰まりにくくなるのでおすすめなんですよね。角栓は毛穴をふさぎがちでニキビの元やまた洗顔の際に皮脂が取れにくくなるので黒ずみなども生じやすいです。

 

ニキビの原因菌とも呼ばれているアクネ菌も繁殖しやすくなるので毛穴周りが炎症を起こしやすくなりやすいです。特にNMFなどの天然保湿因子は乾燥を招きやすいクレンジングでも失われやすいのでその後の洗顔でも流されやすいですから、肌が乾燥しやすくなります。

 

保湿することも大切ですが、洗い流す際のクレンジングや洗顔もうるおいを逃さない様に注意しましょう。

page top