粃糠性脱毛症について

粃糠性脱毛症について

粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症は、ひこうせいだつもうしょうと読み、大量のフケを伴う脱毛症です。

 

大量のフケが毛穴を塞いでしまうことで常在菌が繁殖し、炎症を起こして脱毛します。

 

フケがたくさん出ると粃糠性脱毛症を疑う人もいますが、粃糠性脱毛症は具体的にはカサブタ状になるほどの大量のフケが毛穴を塞いでいるので、ただのフケ症とはまったく違います。

 

粃糠性脱毛症の原因はホルモンバランスの崩れが原因だと言われており、大量のフケに常在菌が異常繁殖することで発症します。

 

頭皮を清潔にすることが大切ですが、あまり洗い過ぎると逆効果になるので刺激の少ないシャンプーで優しく洗うのがおすすめです。フケは角質や皮脂が表皮から剥がれ落ちたもので、ごく自然な生理現象です。

 

しかし角質の代謝異常や皮脂の分泌異常により、フケが多くなり脱毛が起こることがあるのです。

 

アレルギー体質の人に比較的に発症しやすいとも言われています。

▲粃糠性脱毛症について 上へ戻る
粃糠性脱毛症について page top