オイルクレンジングは良くない?

オイルクレンジングは良くない?

オイルクレンジング

ニキビが出来やすい人はオイルクレンジングはやめた方が良いと聞いたことがあるのかもしれません。

 

オイルクレンジングは油を浮かせて汚れを落とす力は強いので化粧落としとして最適ですが、オイルが残ると毛穴が詰まりやすいのでコメドになりやすくニキビの原因になりやすい人はなりやすいそうです。

 

コメドなどの角栓が毛穴につまるとニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖しやすくなるので炎症が起きやすくなります。オイルクレンジングによって毛穴が詰まるというのと洗顔でしっかりと落とせればよいですが、刺激が強いとニキビ以外でも肌バリア機能低下に繋がりやすいので低刺激なのは一番ですが、やはりバランスが大切なんですよね。
特に季節の変わり目や季節によって湿度が大きく違うので肌の調子も変わりやすいですからオイルクレンジングを使用するときはオイルでも酸化しにくいホホバオイルなどを使用したりすると効果的です。

 

ホホバオイル自体防腐剤が必要ないくらい酸化せず殺菌力が強いと言われています。ノンオイルクレンジングの多くは弱酸性で肌に優しいNMFに必要なアミノ酸なども入っているクレンジングなんかも今では多いです。

 

石油系の界面活性剤が配合されているとタンパク質変形作用などありますし、またエタノールが多く配合されていると毛穴の周りがササくれを起こした状態にもなりやすいので、低刺激なクレンジングを心がけていくと良いでしょう。

▲上へ戻る

page top