硫酸系洗浄成分を使用したシャンプーに起こるタンパク質変性作用

硫酸系洗浄成分を使用したシャンプーに起こるタンパク質変性作用

硫酸系洗浄成分を使用したシャンプー

シャンプーの良し悪しを決めるのは、どういった点にあるのでしょうか?

 

シャンプーを決める時に最も重要なポイントとしては、洗浄成分に何を使っているかによります。

 

洗浄成分とはその名の通りに、頭皮や毛髪の汚れを洗い落とすためにシャンプーに配合されている成分のことですね。

 

シャンプーの成分表示に関しては含有量の多い成分から表示されることになっていますので、最初の方に書かれている成分が主成分であると考えて良いですね。

 

シャンプーの洗浄成分と言っても様々なものがあり、一般的なシャンプーは基本的に石油由来の成分が使用されています。

 

ちなみに育毛効果があることで有名なアミノ酸系シャンプーとは洗浄成分がアミノ酸由来のものとなりますので、アミノ酸系シャンプーと呼ばれています。

 

一般的に販売されているシャンプーの場合、最も使用されているのが硫酸系成分です。

 

硫酸系成分としてはラウレス硫酸などのように硫酸と名の付く成分があり、シャンプーの成分表示では最初の方に表示されていますので、お手持ちのシャンプーで確認してみると良いでしょう。

▲硫酸系洗浄成分を使用したシャンプーに起こるタンパク質変性作用 上へ戻る
硫酸系洗浄成分を使用したシャンプーに起こるタンパク質変性作用 page top